MENU

してはいけないキャッシングの使い方

上手に使えば便利なキャッシングも、使い方を間違えれば大きなトラブルの元となります。誤った使い方をしてしまうと、待っているのは金銭的な破滅、借金地獄です。

 

キャッシングを利用する際には計画性と自制心が必要となります。この2つがないと、まるで自分の貯金であるかのように借金を使ってしまったり、返済がおろそかになったりしてしまいます。

 

では具体的にどのような使い方をしないよう気をつけるべきなのでしょうか?

 

事業資金として利用する

キャッシングの商品概要を見ると、事業性資金としての利用はできないことがはっきり書かれています。事業用として使いたいなら、事業ローンやビジネスローンなどが別に用意されているので、そちらに申し込むべきでしょう。

 

通常のキャッシングと比べて適応される金利は少し低くなり、限度額も高く設定してもらえます。

 

借金返済のために利用する

現在借りているお金を返そうとして他社から借りるという考え方は、非常に危険です。たとえそれでお金を返せたとしても、新たに借り入れたお金の返済ができず、全体的な借入金額は増えてしまいます。加えて、利息も毎日加算されていくため、状況はさらに悪化します。楽になりたいがために借りたとしても、実際はそれとは逆の結果になってしまうのです。

 

お金は自分の収入で返せる範囲の金額で借り、自分のお金で返済できるようにしっかりとした返済プランを立てておきましょう。

 

ギャンブルなどに利用する

ギャンブルに使うのも絶対に避けるべきです。

ギャンブルはほとんどの場合負けるようにできており、勝てる見込みはほとんどありません

 

それでも「いつかは勝てる」とか「この間は勝ったから次もいけるはずだ」という気持ちになってしまい、多額の資金を投入してしまうのです。そして勝ったお金で全額返済すればいいという、短絡的な考えを持ってギャンブルを続けてしまいます。

 

しかしギャンブルにおいて、お金が投資した金額よりも戻ってくるということはほとんどなく、多くの方は多重債務者となり非常に厳しい状況と直面することになります。また、返済が苦しくなるだけでなく、ギャンブルに利用された借金は自己破産ができない場合があるので、任意整理や特定調停などで借金を減らす以外に方法はなくなります。借金をギャンブルに利用するのは、絶対に避けるべきです。

 

生活費に充てる

キャッシングを利用する方の中には、一時的な生活資金として借りる方が少なくありません。次の給料日までのつなぎとして少額を借り、給料が入ったら借りた分を一括返済するというのは特に問題となる使い方ではありません。しかしこれが完全に生活費の中に組み込まれてしまうと非常に危険です。

 

生活費の足しとして利用されている分には、預金などにも余裕がある状態なので問題なく返済していけますが、これがないと生活していけないという状態になってしまうと、返済に回せるお金がないという状態に陥ってしまいます。返済プランを立てるときに無駄な出費を減らして、お金を節約できないか計算しなおしてみましょう。