MENU

キャッシングを利用することで他の審査に影響は出るの?

既に1つでも借り入れを行なっていると、新規借入の審査において不利になることがあるため、不安を感じる方は少なくありません。一説には、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンといった高額ローン審査の大きな妨げになるとも言われています。

 

実際に1つでも借入があると、今後ローンは利用できなくなってしまうのでしょうか?また借入金額はどこまで影響してくるのでしょうか?キャッシングの利用が他の審査へどのように影響するか見てみましょう。

 

消費者金融への影響

キャッシングをすでに利用していても、借入件数が3件以下であり、借入金額も総量規制以下であれば審査に通れる可能性はあります。

 

しかし最近は借入件数が1件だけでも、審査に落とされるケースが少なくないようです。特に、借りてからあまり時間が経っていない場合は返済能力を不安視されたり、返済に充てようとしていると疑いを持たれたりすることもあります。

 

多少時間は掛かりますが、複数社から借りるよりも、1社を長く利用し増枠してもらったほうが返済実績や信用は上がります。安易に別のところで借りる前に、増枠してもらえないか聞いてみると良いでしょう。

 

銀行への影響

銀行カードローンや各目的型ローンなどは総量規制の対象にならないため、基本的には既に借り入れがあっても借入金額はあまり影響しません。しかし銀行でも総量規制に沿った融資を行なうため、カードローンなどに関しては少々注意が必要です。

 

住宅ローンや教育ローンなどの目的型ローンに関しては、場合によっては返済能力を不安視されてしまうことはありますが、必ず落とされてしまうということは少ないようです。しかしできるだけ完済・解約をした状態にしておいたほうが、有利であることに変わりありません。

 

クレジットローンへの影響

クレジットカードも総量規制の対象とはならないため、借入金額はそこまで気にする必要はありません。ただ、やはり借入件数はクレジットカード審査にも影響するため、気をつける必要があります。

 

特に影響を受けるのがクレジットカードに付帯されるキャッシング枠です。

 

キャッシング枠とは、クレジットカードを使って現金を引き出せる機能で、国内だけでなく、国外でも手数料を気にすることなく現地通貨を引きだすことができるのです。海外に行く機会が多いと、現金が必要になったときに重宝します。

 

しかしこれもキャッシングになるため総量規制の対象となります。キャッシング枠は任意で設定するものなので、必要ないのであれば申し込まずにおくのが良いでしょう。