MENU

キャッシングを使うには

キャッシングに申し込んでも中々審査に通らない。
そんな状況に陥ってはいませんか?

 

キャッシングの審査は銀行カードローンよりも甘いと考えているなら、その考えは今すぐ捨てましょう。

 

お金を貸すという責任と信用が大きく問われる審査において、甘い・緩いなどということは決してありません。逆に、問題がないのに審査に落とすというようなこともありません。金融会社としてもキャッシングをしてもらわなければビジネスとして成り立たないからです。

 

 

金融会社がキャッシングを断るということは、申込者がその金融会社の基準に達していないということです。

 

この基準は、ちょっとしたことで解決できるものもあれば、多少時間がかかるもの、また長期間キャッシングが一切利用できなくなるなど致命的な問題までさまざまなものがあります。

 

 

審査は結果のみが通知されるため、問題点は分からないようになっていますが、確実に落とされてしまう行為や落とされやすくなる傾向などを知っておけばある程度の対策は可能になります。

 

審査に通らなくなるNG行為

 

高確率で審査を落とされてしまう絶対に避けるべき行動がいくつかあります。それが何か大きなものではなく、ちょっとしたミスで発生してしまうケースも少なくありません。

 

申し込みや契約手続きなどでやってはいけない、そしてできるだけ回避すべき行為を調べましょう。

 

情報に誤りがある

入力した情報と必要書類や個人信用情報機関に記録されている情報に差異があると、ウソをついていると思われ、審査に落とされる可能性が高くなります。そのためミスがないようしっかりと確認してから、情報を提出しましょう。

 

借入履歴などは個人情報を確認すればすぐにバレますし、勤務先も在籍確認をするので、意図的にウソをついたり誤魔化そうとしたりするメリットは全くありません。情報の誤りは信用に大きく響くので、十分注意する必要があるでしょう。

 

総量規制を超える借り入れを行なおうとしている

賃金業法下にあるキャッシングには総量規制が適応されており、年収の3分の1以上の融資を受けることはできません。そのため、既に借り入れを行なっていると総量規制に引っかかることがあります。

 

総量規制を超えそうでも希望額を引き下げれば問題ない場合は希望通りではなくとも借りられることもありますが、全く余裕がなければ融資を断られます。そうならないためにも、きちんと計算をしておくか、総量規制の対象ならない銀行カードローンなどを検討すべきでしょう。

 

借入件数が多い

複数社から借りていると、月に支払わなければならない返済金額と回数が多くなり、管理が難しくなります。そのため借入件数が多いと、返済能力が低いと判断されやすくなります。

 

また、小さな額をわざわざ複数の会社から借りていることで、利用している消費者金融からの信用が低く増枠してもらえないのではないか、お金の使い方に問題があるのではないかと警戒されます。借入件数は3件までが目安です。それ以上になると件数が増えるごとに審査が厳しくなり、6件になるとほぼ通らなくなります。

 

固定電話がない

携帯電話が多く普及しており、固定電話をほとんど使わない方も少なくないでしょう。しかしキャッシングを利用するためには固定電話は必須です。これがないだけで審査に落とされてしまうからです。

 

固定電話は、現在でも重要な連絡情報であり、現住所にしっかり留まっているという一種の信用となります。固定電話がない方は、すぐに契約しましょう。

 

勤務年数と居住年数

この2つも審査に大きく影響し、基準を満たしていないだけで審査に落とされてしまいます。年数は最低でも6カ月以上留まっていることが求められます。留まっている年数が長ければ長いほど有利になります。

 

引越しや転職してすぐに申し込むとほぼ審査に通らないので、申し込むタイミングには注意しましょう。

 

ブラック情報がある

個人信用情報機関は、全ての借入履歴を記録しています。どこからいくら借り、どのように返済したかも全て分かるのです。その中でも特に気をつけなければならない情報が、ブラック情報です。

 

この情報があるだけで、ほぼ確実に審査に落とされてしまいます。ブラック情報は、返済の延滞や債務整理、短期間に何度も申し込むなどすると記録されてしまいます。記録されている期間は申し込むことができませんので、借金はしっかり管理する必要があります。

 

落とされやすくなる要因とは

 

基準を満たしていなければそれだけで確実に落とされてしまう項目もあれば、落とされはしないもののできるだけ評価を上げておいたほうがよい項目もあります。

 

これらの項目は属性審査に関わるものが多く、また個人の状況や環境によっても左右される部分があるため全員が同じように改善できるわけではありません。しかし情報を知っておくことは決してデメリットにはならないでしょう。

 

年収と収入

年収が多ければ多いほど利用可能な限度額は上がっていきますが、キャッシング審査において重要なのは「収入が安定している」ことです。つまり年収が低くても固定給を毎月しっかり得ているほうが有利になるわけです。年収が高くても、月々の収入が安定していなければ評価は下がります。

 

勤務状態

満20歳以上で収入があれば、職業形態は問われません。ただやはり評価の高いもの低いものはあります。公務員が最も評価が高く、その後に正社員、契約社員、派遣社員、パートやアルバイトと続きます。しかし重視されるのはどちらかといえば勤務先なので、勤務先が大手企業である場合はパートやアルバイトでも評価が上がります。

 

住居形態

住居は、持ち家や社宅、アパートやマンションなどの賃貸住宅などがあり、これらに関しても評価の高低が存在します。基本的に持ち家が高評価で、その次に社宅、マンションやアパートとなります。住居形態が重視される理由は、経済業況が分かることと夜逃げする可能性を図るためでもあります。持ち家を手放す方はあまりいないため、評価が高くなるようです。

 

家族構成

家族構成も評価の対象です。家族と同居している独身者の評価が高く、家族と同居している既婚者、同居していない既婚者、一人暮らしの独身者の順に評価は下がっていきます。また、既婚者の場合、子供がいないと評価が高く、いると下がります。これは子供がいることで生活費や教育費などが多く発生するため、返済能力に不安があると判断されるためです。

 

健康保険証

健康保険証は、本人確認書類として利用することができますが、それとは別に提示しておくと審査に通りやすくなります。というのも健康保険証の種類によっては、勤務先を保証するものとなるからです。共済保険、組合保険、社会保険、国民保険の順に評価が下がります。このうち共済保険と組合保険、社会保険は会社で加入する保険なので、これを提示するだけで在籍確認と同じ扱いになることもあります。

 

借入経験

実はキャッシングは借入経験があるほうが有利になります。きちんと利用していれば、その実績が返済能力と信用を裏付けるものになるからです。特に、1社での利用期間が長く、コンスタントに利用していると評価は大きく上がります。初めての借り入れは確かに評価は下がってしまいますが、それで落とされるということはあまりないので、過度に心配する必要はありません。

 

大事なのは信用と返済能力

できるだけ評価を上げ、問題を起こしていない状態にする。
これはどこで申し込んでも重要なことです。

 

絶対に落とされるものは全て避けるべきですが、それ以外の自分の状況や環境に依存する部分はどうしても無理な場合が少なくありません。しかし重要なのは属性よりも信用です。借金でトラブルを起こしていないか、信用してもらえるだけの実績があるかにポイントをおきましょう。